競馬あれこれ物語

競馬をみんなで楽しみましょう

蛯名ジョッキーへ感謝を込めて

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

蛯名正義ジョッキー
北海道出身 
1987年デビュー(34年目)
中央2539勝、地方60勝
重賞中央129勝、地方29勝、海外3勝
G1中央26勝、地方4勝、海外1勝
初G1勝、1996年天皇賞(秋)バブルガムフェロー


改めて思う、長年積み上げてこられた上記数字の凄さを。

34年間、真っ直ぐに競馬に向きあってこられたジョッキーの数字。


喜びの数よりも、競馬は勝てない事の方が圧倒的に多い為、悔しいこと、辛いこともたくさんあったでしょう。


おそらく、それでも蛯名騎手は、楽しかった騎手生活だったと振り返るのではないでしょうか。


1996年天皇賞(秋)バブルガムフェローでの初G1制覇。

バブルガムフェローの主戦騎手は岡部騎手でしたが、タイキブリザードの海外遠征で岡部騎手が手綱をとるため、代わりに蛯名騎手にチャンスが巡ってきました。


骨折明けの毎日王冠を3着と上々の復帰戦、迎えた天皇賞(秋)は3番人気と、上位人気の一角でした。


1番人気サクラローレル
2番人気マーベラスサンデー
4番人気マヤノトップガン
その他、ジェニュインやカネツクロスナイスネイチャといった、伏兵馬も勢揃いしておりました。


そんな中での初G1勝利!
チャンスで見事に結果を出し、勝負強さを見せて頂きました。


そしてその後、怪鳥と呼ばれる1頭の馬と出会います。


エルコンドルパサー


この馬も、元々は的場騎手が主戦騎手でしたが、伝説のレースと名高い、1998年毎日王冠で、グラスワンダーに的場騎手が騎乗することから、エルコンドルパサーは蛯名騎手が任される事となりました。
このレースでは、サイレンススズカ含めた3強揃い踏みとの事で、今もなお、語り継がれております。


このレースで2着となったエルコンドルパサーは、続くジャパンCで、これ又3強、スペシャルウィークエアグルーヴと人気を分け合うも、蛯名騎手に導かれ見事1着となりました。


蛯名騎手にとって、渾身のG1、2勝目となりました。


その後、蛯名騎手とエルコンドルパサーは、海外挑戦を選びフランスへと渡り、フランスG1のイスパーン賞2着、サンクルー大賞では見事海外G1に初勝利致しました!


そして、この怪鳥ことエルコンドルパサーと蛯名騎手は、世界最高峰のG1レースに挑戦することになります。


凱旋門賞


現在の日本競馬界が勝利を目指し、続々と名馬を送りこんでいるレースです。


このレースに20年以上も前に、蛯名騎手は騎乗していたのです!


当時はまだ今ほど、日本国内では海外G 1の認知度は低く、それほど話題にはなっておりませんでした。

しかしそんな中、世界最高峰のこのレースにおいて、蛯名騎手とエルコンドルパサーは、勝利まであと一歩の2着という成績を残します。


この2着という成績は、オルフェーブルとナカヤマフェスタと並び、日本馬の最高着順となります。


ちなみに蛯名騎手の何が凄いかって、ナカヤマフェスタも蛯名騎手が騎乗しており凱旋門賞で2着に導いているのです!


ほんとに素晴らしい功績。


バブルガムフェローエルコンドルパサーナカヤマフェスタとのコンビ以外にも、アパパネ牝馬三冠制覇、マツリダゴッホとのグランプリ(有馬記念)制覇、マリアライトとの宝塚記念制覇など、素晴らしい騎乗の元、数々の勝利に導いているのです!


記載していくと、きりがないくらいの活躍なのですが、最後にこのレースをあえて取り上げたいと思います。
蛯名ジョッキーは思いだしたくないレースかもしれませんが、、

私の記憶に鮮明に残ってるレース

今も見ると感動で涙が出そうになるレース


2012年、東京優駿 (日本ダービー)


このレース、岩田騎手騎乗のディープブリランテと蛯名騎手騎乗のフェノーメノとのゴール前、壮絶なる戦いがありました。


岩田騎手も蛯名騎手もゴール前、懸命に馬を鼓舞し、魂の騎乗を見せてくれました。


ゴールの瞬間、どっちが勝ったのかわからない僅差、掲示板にディープブリランテの10番が点滅すると、岩田騎手は馬上で涙。
とても感動的なシーンでした。


念願の日本ダービー制覇まであと一歩の所だった蛯名騎手の手綱捌きも、これぞ人馬一体といったような、素晴らしい騎乗でした。


惜しくも2着となりましたが、2012年日本ダービーを盛り上げた、まさに最優秀助演男優賞といった所でしょうか。


私の1番大好きな日本ダービーとなりました。


まだ見られた事のない方は、1度動画で見てみて下さい。
また、見たことあるかたも、もう一度、あの感動のレースを見てみて下さい。


これぞ競馬、これぞ日本ダービー!というようなレースでした✨


今レースで2着となった蛯名騎手、めちゃくちゃ悔しかったでしょう。


何回も何回もこのレースが頭に浮かんだことでしょう。


でも2着だったからこそ、見えた光景があったのではないでしょうか。


悔しかったからこそ、ここまで長年トップジョッキーとして君臨してきたのではないでしょうか。


蛯名騎手×フェノーメノのコンビも、その後、天皇賞(春)を2連覇するという偉業を成し遂げました。


色々書いてきましたが、蛯名ジョッキーとしては、今週の27日、28日の騎乗をもって引退を迎えます。


まだまだ書ききれない事がたくさんありますが、蛯名騎手の頑張ってる姿が、私たちに勇気と希望を与えてくれました。


また今後、蛯名調教師として、ジョッキー時代の忘れ物をとりにいって下さい。

日本ダービー制覇、そして凱旋門賞制覇


なぜだか、凱旋門賞は蛯名調教師が初めて勝つんじゃないか?って思ってます!


本当にお疲れ様でした。

本当に感動をありがとうございました。

蛯名ジョッキーへ、感謝を込めて


競馬ファンより

オススメ 競馬番組

亀谷競馬サロン1 永久馬券格言

亀谷競馬サロン1 永久馬券格言

競馬の楽しみ方は人それぞれ。

今回は、競馬予想に関してものすごく勉強になり、それでいて笑える、おすすめの競馬番組に関して記載致します。

今回ご紹介させて頂く番組は、、

競馬魂 (フジテレビONE)

この番組は有料放送のフジテレビONE で放送されている競馬番組です。

競馬血統研究所(血統予想家の亀谷さんが講師の番組)という番組名からスタートした今番組は、現在は競馬魂という名前でリニューアルされております。

この番組の見所はなんと言っても、競馬予想家の予想に対して、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの、千鳥のノブさん、かまいたちさん等がその予想家の意見を参考にし、馬券を自腹購入し勝負する所です。

吉本新喜劇座長の小籔さんも出演されており、1レースにつぎ込む額が半端ない!(笑)

本当に競馬好きの人の為の番組な為に、勝負レースに3歳未勝利戦とかが含まれており、そこにいきなり10万円以上もの馬券を購入してます。

もちろん自腹です。

売れっ子芸能人て、ほんとお金持ちなんですね


ちなみに千鳥のノブさんも、ここまで全国で売れまくる前から出演されており、その時と今とでは、掛け金がめちゃくちゃ変わってます。

「仕事の順調度が馬券にあらわれてる」


これはノブさんの馬券購入額がどんどん大きくなってきた頃に、かまいたち山内さんが言った言葉です🤣


しかし、今やかまいたちの二人までもが、全国区のお笑い芸人となり、かまいたちも掛け金めちゃくちゃ上がってきてます!

仕事の順調度が馬券に完全にあらわれてます🤣


出演メンバーは毎回固定ではないのですが、小籔さん、ノブさん、かまいたちさん、もうこの名前を見るだけで、この番組の面白さがわかると思います。

しかし、この番組の本当の凄さは、予想家さんたちです。

特に、今や競馬好きなら名前くらいは聞いたことあるのでは?という、メシ馬さんの予想は、本当に勉強になります。

こういうロジックで予想してるんだとか、全ての予想で、ちゃんと理路整然とした理由がある。しかも基本は穴馬狙いです。

穴馬狙いなので、毎回的中とまではいきませんが、本当に狙ってる馬は馬券によく絡みます。


メシ馬先生と、ノブさんかまいたちさんから崇められ、実際にノブさんも、メシ馬さんの予想を参考に買った馬券で、200万円オーバーを達成されております。

お笑い、予想、全てにおいて、競馬ファンを魅了する競馬番組だと思います。

競馬に関する楽しい番組は、YouTubeにもたくさんありますので、また紹介していきたいと思います!

あっぱれ!!ルメール騎手!!

2021年のG1レース、今年もやはりルメールジョッキーでした。

いや~あっぱれとしか言いようがない騎乗。

正直あんな好位で立ち回るなんて予想してなかったので、馬券は撃沈、、

本当にこれぞルメール!というような、素晴らしい騎乗だったと思います。

最終的な私の予想は、アルクトスかエアスピネルどっちを軸にしようと悩みに悩んだあげく、アルクトスにしてしまいました、、(涙)

アルクトスが2番人気にまでなるとは思っていなかったので、その時点で期待値的には軸にしてはいけなかったんです、、

これは反省すべき点で、今後の馬券攻略に生かさなければなりません。


2着のエアスピネル。鮫島ジョッキーの好騎乗で素晴らしい立ち回り。 
できることなら、人馬共に勝たしてあげたかった😣


3着もさすがの横山典ジョッキー。ワンダーリーデルも素晴らしい騎乗に応えるかのような、8歳とは思えない素晴らしい走りでした。

しかし2着と3着が8歳馬とは、、私も長く活躍するダート馬を所有したいものです。
ほんと、馬主孝行ですよね✨

4着に入ったレッドルゼルも力をつけてますね。今後も期待できる4着でした。

今年のG1、ルメール騎手は何勝するんだろう?と思えるスタート。

G1は何も考えず、ルメールを1着固定で、2.3着に穴馬を絡めた馬券を組み立てた方が、予想も楽でいいのかもしれません(笑)


カフェファラオ陣営の皆様、ルメール騎手、本当に素晴らしかったです!

私の予想は完敗です!


次回リベンジがんばります👊✨

フェブラリーS 枠順考察

皆さんフェブラリーステークスの枠順が決定しどう思われましたか?

間違いなくメンバー的には混線レースなのですが枠順を見て私はこう思いました。


大大大混戦だ😲


というのも、上位人気確実のカフェファラオとレッドルゼルが、入りたかった枠順と真逆になったのではないでしょうか。


またレース展開のカギを握るインティが外枠からすっと先行もしくは逃げの手にでたかったはずですが、2番に入ってしまいました。

この枠だと、少々強引にでも前をとりにいく形となるのでしょうが、他にも行きたい馬がいるため、どこまで前につけるのか、あまり中途半端な位置だと何もできないまま終わってしまう馬なので、武豊ジョッキーの腕の見せ所でしょう。

又、インティが好スタートをもしきった場合は、かなりのハイペースになる気がします。


今回ざっと見て、1番いい枠に入ったなと思うのが14番オーヴェルニュです。

この枠順であれば、まず大きな不利を受ける事は考えにくく、丸山ジョッキーとしては、かなり気持ち的に楽になれたのではないでしょうか。
とはいえG1です、有力馬である以上、プレッシャーも大きい。
このプレッシャーを乗り越えて勝ちきることができるのか、注目です。

先のブログでも注目馬として記載したアルクトスですが、6番と可もなく不可もなく、まあ偶数枠なので、よしとしときましょう。


できればワイドファラオより外の方が並び的にはよかったですが、、

前走1400mを走ってるので、今回はわりと良い位置をすんなりとれそうな気がしております。

しかし、今回はそれが裏目と出て、ハイペースに巻き込まれる可能性も含んでおります。

ワイドファラオがすっと逃げ、競りかける馬がいなければ、アルクトスには絶好の展開が待ってるのですが、さあどうなることやら、、


2021年最初のG1、今日も明日も悩んで悩んで、悩みこそが楽しみ!競馬の醍醐味!
皆さん楽しみましょー!

フェブラリーS 要注目馬

フェブラリーステークス要注目馬。
今日はアルクトスについて考察したいと思す。


前走の根岸ステークスをご覧になられた方なら皆同じことを思ったのではないでしょうか?


本番(フェブラリーS)の上昇度が1番高そうなのはアルクトスだなと。


前走斤量59キロを背負い、勝ち馬とは0.2秒差の4着。
勝ったレッドルゼルも最後の直線で行き場を失いながら勝ちきったので強かったですが、アルクトスもまた同じ。
直線向いた時にスムーズにいかない部分がありました。


それでいて、あの内容。完全に馬が本格化したと言っていいでしょう。


思えば盛岡で行われたマイルチャンピオンシップ南部杯の驚異的なレコードでの優勝。
能力は間違いなくトップクラスです。


しかしアルクトスは成績に波があります。
その大きな要因は、仕上げの難しさ。
狙ったレースに完璧な仕上げで望めた場合は非常にハイレベルな競馬ができますが、仕上がり切らないままだと、パフォーマンスは落ちてしまいます。
特にG1だと尚更ですよね。


では今回はというと、鞍上の田辺ジョッキーの言葉、栗田調教師の言葉を要約すると、、、


絶好調!完璧に仕上がった!これで勝てなかったら仕方がない!てか勝つでしょう!
ここまではいってませんが💧
そう聞こえてくるような、コメントです。


東京ダート1600での勝ち星の多い田辺ジョッキー。フェブラリーSで当時最低人気だった、コパノリッキーを勝利に導いたジョッキーです。
関東を代表するジョッキーとして、今年も勝ち星を量産しており、大舞台での更なる活躍を期待したい1人です。

人馬ともに、やる気マンマンといった所でしょうか。


気になる点は1つだけ。


この馬、色々な人達も指摘してますが、早い時計の出る馬場が得意であり、パサパサの乾燥した力のいる(時計が出にくい)馬場だとパフォーマンスが落ちるのでは??というポイントです。


日曜日はおそらく好天に恵まれ、良馬場でのレースとなるでしょう。


他の競馬場とは違って東京ダートは時計が出やすい競馬場ですが、当日の馬場状況、時計は要チェックかもしれません。


しかし、私は先ほども書いたように、この馬の1番の問題点は、仕上げきれるか、仕上げきれないか、ここがこの馬の走る走らないポイントと見ておりますので、今回は仕上がりきっており、走るのではないかと見ております。


終結論は、パドック、返し馬を見てからとなりますが、人馬とも要注目の1頭であることは間違いありません。


枠順での馬の並びもありますし、いやーワクワクしますよねー予想って。


競馬会にとって嫌なニュースもありましたが、フェブラリーステークスを楽しみましょう✨

集団不正受給疑惑 (競馬関係者)

事実であれば、とても残念なニュースが入ってきました。

JRA日本中央競馬会)に所属する調教助手、厩務員らによる新型コロナ対策の持続化給付金の集団不正受給疑惑がメディアに報じられました。


国会では競馬法を所管する農林水産省野上浩太郎大臣が「返還など厳正な対応を取るように指示した」と答弁するなど波紋が広がっている状況です。


これが事実だとしたら、競馬を愛してる私としては、とてもショックです。残念です。悲しいです。


コロナ渦でも競馬は中断されることなく、開催されてきました。

政府の緊急事態宣言後に日本騎手クラブの会長を務める武豊騎手が会見でこう話しております。


「(新型コロナ禍で)大変な状況ですが、テレビ、ラジオを通じて競馬を楽しんでください。僕らも全力で騎乗しますし、楽しんでもらって勇気を与えられたら…」

 そして、次の言葉が重要なのです。

 「競馬の売得金(馬券の発売金額から競争除外による返還金を引いた額)の一部は国に納付している。こんなときこそ競馬の存在感があると思う」


私もこの意見にとても賛同致しました。


こんな時期だからこそ、競馬開催はとてつもなく大きな意味がある。
そう信じていました。


それが、新型コロナ対策の持続化給付金の集団不正受給が、本当に行われていたとしたら、今までコロナ渦でも中断せず開催されていた、理念が大きく揺らぎます。


まだ事実は判明しておりません。


我々が知らないだけで、本当にコロナの影響で収入が減り申請された方々もおられるのかもしれないし、そもそもがフェイクニュースの可能性もゼロでありません。


しかし、これが事実だとすれば、許される事ではありません。
競馬を心より愛しているファンへの裏切りでもあります。 


競馬はギャンブルだということだけで、楽しんでる人もいるでしょう。
それもぜんぜん普通なことです。


しかし競馬を、ギャンブルの枠にとらわれず、心から愛しているファンも大勢いることでしょう。


私もその1人です。


色々なことに感動を頂き、毎日ワクワク、ドキドキ、楽しい時間を送らせて頂いております。


今回のニュースで出ている厩務員や調教助手の皆さまにおかれましては、そんなファンが非常に多い素晴らしい世界の仕事に携わっているという、誇りを忘れず毎日頑張って頂きたいです。


地方競馬でも八百長問題が大きなニュースになっていた所です。

競馬の未来の為にも、クリーンな世界を築き上げる必要が絶対にあります。


まだ事実関係が不明な為、不正受給、詐欺的なことは行っていないことを信じたいのが本音です。


ん~~、ほんと事実なら悲しいです。

不正受給をするような人たちが大勢いると思うと、競馬界はそんな常識のない道徳心の欠片もない世界なの??
そんな人たちが競争馬を育てるの??
本当にクリーンな競争が出来ているの?? 等々、色々な思いが出てきてしまいます。


事実は違うと信じたいですが、もし事実なのであれば、もう一度、競馬界で働いている意義を考え、未来の為に、素晴らしい競馬界を作って欲しいものです。


私はずっと応援してます。だからこそ、駄目なものは駄目とも言いたいです。

続報を待ちましょう、、、





 

フェブラリ―S 2021 G1開幕!!

今週はダートG1のフェブラリーステークスです

このレースには過去に苦い経験がありまして、、

2014年のフェブラリーステークス、忘れもしません。
16番人気のコパノリッキーと2番人気のホッコータルマエの2頭軸マルチ三連単を買ったのに、1番人気のペルシャザールを買いに目にいれていなかったという最悪な展開!!!


まして、4着馬も5着馬も押さえていただけに、ゴール前発狂、その後ショック過ぎて、早く忘れようと眠りについたのを覚えてます😭

三連単配当、94万9120円

逃した獲物がでかすぎました!😭


ちなみに去年はケイティブレイブを買い目にいれており、三連複をゲット致しました✌️

三連複配当、9万5310円(100円購入)

ん~~、10倍も配当が違う。(;>_<;)


過去の事を言ってても仕方ないので、今年こそは大きいのをとってやります!

ではフェブラリーステークスの今年のメンバー構成に関して一言。


めちゃくちゃ荒れそうな匂いがプンプンします、、、


確固たる本名馬が不在の今回、上位人気馬が総崩れの可能性もあると見ております。 


こういう混線レースで、何が1番重要かと言うと、馬の能力ではなく、人の能力です。


人とは、ジョッキー、調教師ということになります。


馬の体調をこの大舞台に合わせて調整するのは調教師。


混線レースで少しのミスが命とりとなるジョッキーの判断。


人の重要性が非常に高いレースとなるのは間違いありません。


最終追い切りと当日の馬の状態をみて、しっかりと見極めたいと思います。


冬場って体絞りにくいんですよね~
本来がダート馬は大型馬が多いだけに、馬体の絞りにくい冬場、どこまで万全の体制でレースに望めるかは、馬体重含め要チェックです。


現時点の前評判では、4歳馬のカフェファラオが人気しております。

鞍上はルメール。2年連続で馬券に絡んでいるジョッキーです。

厩舎は堀厩舎。美浦の名門厩舎です。
モーリス、ドゥラメンテといった日本競馬界に名を残す名馬を育ててきました。

ルメール×堀厩舎


先ほどの人が重要なレースと考えるのであれば、最強タッグなのでは?

となるのですが、今回はダートG1なのです。

堀厩舎はダートG1での勝ち星がなく、全て芝でのG1制覇。
ダートG1では1度も馬券に絡んだ事がありません。
そもそも出走回数が少ないです。

ここでわかる事は、育成するノウハウは、芝馬を育成するノウハウの方が圧倒的に堀厩舎は多いという事です。

逆にいうと、、?全て書かなくてもお分かりかと思いますが、ここが今回カフェファラオの不安点となります🤔


今後のダート界を背負っていく競争馬になるのか、それとも、壁にぶつかってしまうのか、楽しみな一戦となります。

穴馬券派の私としては、とんでもない馬が勝ってほしい所ですが、
(穴馬きても予想できるかはわかりませんが、、)


今気になってる馬は、カフェファラオと名前の似ているワイドファラオ。


決して同じ馬主でもなければ、種牡馬(お父さん)も違います。

鞍上は、福永ジョッキー。ジョッキーとしてまさに今が旬、経験豊かなジョッキーで、日本のトップジョッキーです。

そして今回最も気になるポイント、
厩舎は角居厩舎。栗東の名門厩舎です。
今月で解散がきまっている厩舎で、角居調教師としても、最後のG1です。

角居厩舎といえば、やはりウオッカでしょうか?
牝馬ながら、64年ぶりの日本ダービー制覇!
いや~しびれました!

しかし、この厩舎は芝だけではありません。


2度の屈腱炎、2度の復活を果たした奇跡の馬カネヒキリ、そして牝馬では珍しい中央ダートG1制覇のサンビスタを育て上げました。

調教師として、この2頭の名前が出るだけでも、大変素晴らしい功績です。

最後のG1期待せずにはいられません。

そもそもワイドファラオも実力ありますからね✊‼️


人気落としてるようであれば、要注目です!


いやー、ワクワクしますねー

あれやこれや予想してる時間が1番楽しい時間でして(^-^)/

一発大きいのを狙って、一攫千金目指しましょー!🙌